クルマを手放す場合、それから車の買取の際も印鑑証明書が必要になってきます。債務 整理 弁護士

この印鑑証明という書類について解説しましょう。

印鑑証明という書類は、ある印鑑が実印として効力を持つことを証明する書類です。

印鑑証明書がなければその印鑑が実印であるという事実が裏付けられません。

大金が動く取引になる車の売却ですのでどうしても実印が必要になることになりますがそれと一緒に印鑑証明書が出てきます。

印鑑証明書をつくるためには、あらかじめ印鑑証明の手続きをすることが必要です。

印鑑証明に登録する印は通称、実印といい、唯一無二の判子であることが条件です。

実印を持って、近所の役場の案内係へ出向けば、すぐに印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードなるものが交付され、その判子は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには、市町村役場へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

また自動交付機で印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

なので、いつの印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は続くということです。

ですが、クルマ売却の際は、印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。

基本的には有効期限を気にする必要はないのですが、車買い取り時には、相手側が期限を決めているので売却予定の車があるのであれば、はじめに手元に置いておくことが必要です。