自動車の保険には、みなさんもご存知かと思いますが、通称「等級」というランク付けドライバーに対してつけられます。より正確にはノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、月々の掛金に多大に関わっています。等級によって、クルマの保険に入っている人の公平な負担を可能な限り保つことを一番の目的とするので、アクシデントを起こす危険性あるいは自動車の保険を利用する可能性が大きければ高いと考えられるほど掛金が増加します。逆に交通事故を発生させる確率がより低く、保険を使用するとはあまり考えられない被保険者は、良い保険利用者であるとみなされることで保険の料金が低廉になります。安全に乗用車を利用する運転者のほうがより優遇される機構であるので、事故を発生させてしまいやすい方には多少不利な制度であると考えられます。等級は、優秀な運転者と事故の見込みがより高い加入者の保険の掛金が同額だとアンフェアに思ってしまう客が多いですし、サービス提供側側にとってもリスクを低減させるためにどうしても必須の制度だといえるのです。では、等級というものは具体的には一体どのような制度なのか端的にご説明いたしましょう。まず第一に、等級には1等級?20等級まで設けられ、被保険者の等級が増える毎に保険の掛け金が低廉になるシステムになっております。次に1等級?3等級の範囲においては安価にならずそれどころか高くなり、交通事故を発生させてしまいクルマの保険を使用してしまうと等級が3つ低くなりさらに負担がかかる自動車の損害保険を月々納めることになるのです。そして、まったく新たに自動車保険に申し込むケースにおいては六等級より開始になりその時点から自分の級が低くなるのか高くなっていくのかは被保険者の手にかかっています。だから月々の掛金を安価にしたい被保険者は事故を防ぐために安全運転に努力するのが一番大事です。