特定調停も任意整理による処理と似ていて、それぞれ貸し手に対して借金の支払いを行うことを選択する借金を整理する形になります。わかりやすくいうと裁判所が処理する借金の整理ということができます。特定調停も先の方法と同じく自己破産手続きとは違いある部分のみの借金だけを処理することになるので、他に保証人が関係している負債を除いて整理をしていく際や住宅ローンの分以外について処理したい際等でも使うことが可能になりますし築き上げてきた資産を放棄してしまうことは求められませんので株式やマンションなどの資産を所有していて処分したくない場合などでも活用できる借金整理の手続きとなっています。ただし、今後返済していく額と実現可能な収入を検討し、適度に返済が見通せるようならばこの方法で方法を選択するほうが良いですが破産宣告と異なり返済義務そのものが消滅してしまうというわけではありませんので元金の総量がかなりある状況では実際的には手続きを進めることは困難であるといえるでしょう。また、特定調停による解決は裁判所が解決に当たりますので弁護士等にゆだねなくても不利になることはないという点や、手続きにおいての費用を節約できるという点は魅力的ですが、各債権者からのわずらわしい取り立てに対し債務者自らが応対していくことになることや所定の裁判所に数回通うことが求められるというデメリットもあります。くわえて、任意による整理と比べるとこの方法により解決できないような時は求められている利息を全部付けた金額で支払っていくことが求められるといったことや最終的に債権者に返済するお金が任意整理による方法より割増しになる傾向がみられるというような覚えておきたい点もあります。