あいにく今の状況では非常にまれな事例を除いて切手売店においてクレジットカードを使う事が出来るところは存在しないのです。このようなため、VISA、American Express、NICOSなどの券を使用した間接的クレジットカードのケースは大半は実際には実行するということはできないでしょう。じゃあどういう方法を使えば直接的でないクレジットができるのでしょうか?といえばその方法とは現代で、流行している電子マネーという名前のEdy(エディ)、とかSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなど。まだほとんど知られていないが、これらを使って直接的でないカードを実行する事が出来るのです。PASMO、Webmoney、だったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで取引することが出来る商品券…Edy(エディ)、Smart Plus、だったりSuica、WAON、nanacoなどに精通していない方から見てみると、自然と難しい思いを憶測するのかもしれませんが、電子マネーはいわゆる普通の商品券なのです。VISA、Diners clubなどの券とまるっきり違いはありません。そしてこういう電子マネーはクレジットカードを駆使して簡明に換金出来るという事が特徴の一つです。このような電子マネーという物は今や、ネットショッピング初め街ナカや各種ショップ等といった所でも活用出来得るようになってきている。「当販売店ではクレジットカードはご利用にならないでください」というように書かれているお店でもEdy(エディ)、iD、またはICOCA、WAON、nanacoなどなら用いれる事がたくさんあるのです(キャッシングポイントがたくさん獲得できる)。言い換えればカードが用いられないショップでも段階を踏んでカードを実用する手法でクレジットカードポイントだけ得してもらおうということです。通常、買い出しをするばかりでは獲得できないポイントだから、必ず、活用法を参考にしていただきたい。