特定調停というのも任意整理による手続きと同じようにおのおの貸し手に借金の支払いを継続していくことを前置きとした借金整理の手順のことをいいます。わかりやすくいうなら裁判所が行う借金の整理となります。特定調停も任意整理による処理と似ていて、自己破産と違ってある部分だけの借金のみを処理することができるため連帯保証人がいる負債額を除いて整理する際や自動車ローンの分以外について整理をしたい際などにおいても使うこともできますし、資産を処分してしまう必要がないので自動車や土地などの個人資産を持っていて放棄してしまいたくない場合でも有力な選択肢になる債務整理の手続きになるでしょう。しかしながら、今後の返済額と実際として可能な所得を比較し適度に返済が見通せるようであればこの手続きで進めることが可能ですが自己破産手続きとは異なって負債そのものが消えてしまうわけではありませんので、負債の量がかなりになる状況では実際的には手続きを進めることは困難だと判断することになるでしょう。特定調停による解決は裁判所が中に入るため専門家に頼まなくても不利な立場に立たされることがないことや、手続きのための諸費用を節約できるという利点はありますが、債権者それぞれのきびしい催促に自ら応対する必要があることに加え実際の裁判所に何回も行く必要があるなどの留意点もあります。それから、任意整理による解決と比べてのことですがこの方法で解決できないような時は利息をすべて付けた計画で返していかなければならないことやあとから見ればお金の貸し手に対し返していく総額が任意整理による解決と比べて高くなってしまうことがあるなどの留意点もあります。