自己破産の手続きまで裁判などといった法的な要求は認められています。また自己破産に関する作業に入ったのち申請までに余計な時間がかかった場合では債権者に提訴される危険がアップします。債権保持者側からすると債権の返納もせずに、それでいて自己破産のような法的な対処もなされないといった状態であると組織の中で処理をやることができなくなります。結局のところ、訴訟の後どういうふうな裁定がされるにせよ自己破産手続きの申請者に借りたお金を支払う能力はないです。債権者もそれは認知していて訴えというような強行なやり方で都合のいいように和解にさせ返済させるなり債務者の家族や親類に返金させるといったことを考えているときも見受けられます。(補足)2005年の1月1日に改正された新しい破産に関する法律にもとづき破産の申し立て後は差し押さえのような司法的な手続きは実効性を失うこととなります。とういうことなので、従来の破産法の場合と別となり訴訟といったことをしても効果がないと思われるから実際に裁判をしたがる業者はほぼ全部消えると思われます。そういう文脈でも、西暦2005年の1月1日に改正となって自己破産は昔より用いやすくなったといえるでしょう。返済督促によるケースですが支払督促とは裁判官が借金人に向けて負債の払込をしなさいという要求です。普通の審議をする流れとは違い、債権者の一方的な発言を受けて行われるため普通な提訴のように裁判料がかからないので取り立て企業がよく使用する手段です。督促の手続きがあったら裁判所の書類が送付される手はずになって、通知が配達されてから2週間が経過した場合、取立人は負債人の私財(給与も含む)に関して差押え行為がなせるようになってしまうのです。督促に対し異議申請をすることができる際は、通常の争いに移ることとなります。一般の争いは長丁場になりがちですので免責が出るまでには判決内容がおりない推測が濃厚になることに注意です。